公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

野外

雲南市内で緊急保護されたヒナの性別が判明しました

雲南市内で1か月前に緊急保護され、現在、兵庫県立コウノトリの郷公園にて人工育雛中のヒナの性別が判明しました。

  1. ヒナの性別
    兵庫県立コウノトリの郷公園において、ヒナの血液等よりDNAを抽出し確認したところ、以下のとおり判明しました。現在は保護時に付けたマーカーの色で個体識別を行っていますが、放鳥前に足環を装着します。

    個体の仮番号 マーカーの色 性別
    1 黄色 オス
    2 赤色 オス
    3 青色 メス
    4 緑色 オス
  2. ヒナの放鳥時期
    放鳥時期は、「文化庁」および「兵庫県立コウノトリの郷公園」、「コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(Inter-institutional Panel on PopulationManagement of the Oriental White Stork:略称、IPPM-OWS)」、「島根県教育委員会」、「島根県立三瓶自然館サヒメル」等と協議のうえ決定します。
(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリ個体検索(IPPM-OWS運営)
(バナー)足環カタログ
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来・繁殖時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記(名誉園長ver)
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市立コウノトリ文化館
(バナー)キコニアレター
(バナー)兵庫県博物館協会