公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

野外

野外コウノトリの巣立ちについて(福井県越前市:J0300)

 見だしの件について、越前市が越前市安養寺町の野外コウノトリのヒナが2羽巣立ちしたことを発表しましたので、お知らせします。4羽のヒナがふ化しており、そのうちの2羽です。
 1971年に国内野生コウノトリが絶滅し、2005年に兵庫県立コウノトリの郷公園が野生復帰を開始し、2年後に兵庫県豊岡市内で初のふ化が確認されて以降、福井県内では昨年、坂井市で野外繁殖したコウノトリに続き越前市が福井県内2例目となります。

 

<1羽目>

  1. 日 時
    令和2年6月21日(日)7時25分
  2. 場 所
    越前市安養寺町 コウノトリ人工巣塔
  3. 内 容
    令和2年4月から、安養寺町の人工巣塔で育っていましたコウノトリのヒナが1羽、巣立ちをしました。今回巣立ちをしたコウノトリは、J0138オス(愛称「たからくん」)と、J0132メス(愛称「みやび」)から、生まれたJ0300メス(愛称「やまちゃん」)です。巣立ちは、生まれて66日目の6月21日の午前7時25分に、安養寺町の田んぼに降り立ちました。
    野生のコウノトリの巣立ちは、1971年に日本の野生コウノトリが絶滅してから、県内では昨年、坂井市で野外繁殖したコウノトリに続き、越前市が県内2例目となります。

 

<2羽目>

  1. 日 時
    令和2年6月21日(日)14時17分
  2. 場 所
    越前市安養寺町 コウノトリ人工巣塔
  3. 内 容
    コウノトリのヒナの2羽目が巣立ちました。今回巣立ちをしたコウノトリは、J0138オス(愛称「たからくん」)と、J0132メス(愛称「みやび」)から、生まれたJ0301オス(愛称「さーくん」)です。巣立ちは、生まれて66日目の6月21日の14時17分に、安養寺町の田んぼに降り立ちました。
    本日7時25分に巣立ちした、J0300メス(愛称「やまちゃん」)に続いて2羽目の巣立ちとなりました。
  4. 江崎園長のコメント

 

 

令和2年6月21日

園長コメント

 

兵庫県立コウノトリの郷公園長 江崎 保男

■福井県越前市安養寺での巣立ちにあたって

 待ち望んだ巣立ちの日を迎え、心よりお祝い申し上げます。

 昨年は、ふ化したものの巣立ちまで至らずとても残念な思いをしましたので、4月に4羽のヒナがふ化して以来、兵庫県立コウノトリの郷公園としても巣立ちを越前市の皆さまとともに祝える日が来ることを心待ちにしていました。

 平成27年10月に福井県が主体となり越前市で初放鳥が行われ、その翌年に放鳥された“たからくん”がペアのオス親として地元に戻ってきて繁殖し、ヒナの巣立ちを迎えたのですから、皆さまの感慨もひとしおではないでしょうか。残りのヒナも無事に巣立つことを願っています。

 コウノトリとともに生きることを選ばれ、コウノトリが好む良好な生息環境をつくり、コウノトリを見守ってこられた越前市をはじめ地域の皆さまに対し、改めて敬意と感謝を表しますとともに、「コウノトリが舞う里づくり」のさらなる進展を心から祈念いたします。

 

 

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリ個体検索(IPPM-OWS運営)
(バナー)足環カタログ
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来・繁殖時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記(名誉園長ver)
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市立コウノトリ文化館
(バナー)キコニアレター
(バナー)兵庫県博物館協会