公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

野外

韓国へ移動していた野外個体(J0051)が再び但馬地域(伊佐地区人工巣塔)で確認されました

2012年に豊岡盆地で巣立ちし、2014年3月18日に試験放鳥後初めて韓国への移動が確認された野外コウノトリ(J0051)が、2015年4月20日及び2016年4月27日の日本への帰還に続いて、このたび但馬地域(伊佐地区人工巣塔)で確認されました。

  1. 該当個体
    個体番号 J0051 メス
    親鳥 J0381♂-J0296♀
    足環 右脚:黒・黒、左脚:赤・黒・黄
    2012年4月6日  豊岡市出石町伊豆地区人工巣塔で生まれる
    2012年6月11日  巣立ち
  2. 経緯等
    2013年10月17日 山口県田布施町へ移動
    201312月4日  山口県長門市での目撃を最後に国内での目撃情報が途絶える
    2014年3月18日  韓国慶尚南道金海市のファポ湿地で確認される
    その後、主に金海市を中心に韓国国内に滞在し平成27年4月12日まで韓国での滞在が確認される
    2015年4月20日  島根県隠岐の島町で確認される
    2015年4月23日  午前9時40分頃、豊岡市出石町の伊豆人工巣塔付近で確認される
    2015年12月22日  韓国全羅南道順天市で確認される
    2016年4月25日  宮崎県児湯郡で確認される
    2016年5月 1日  養父市八鹿町伊佐(伊佐地区人工巣塔)で確認される
(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリ個体検索(IPPM-OWS運営)
(バナー)足環カタログ
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来・繁殖時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記(名誉園長ver)
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市立コウノトリ文化館
(バナー)キコニアレター
(バナー)兵庫県博物館協会