公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

お知らせ

福井県に貸与しているTペアの卵が有精卵であることが確認されました

福井県へ貸与しているTペアの卵の検卵作業を行ったところ4つの卵のうち2つが有精卵、残り2つも有精卵の可能性が高いことが分かりました。
この検卵作業は、福井県から依頼を受けた本園の飼育員が立ち会いました。
このTペアは郷公園飼育下では6回の繁殖に成功していましたが、貸与後は無精卵が続き、繁殖成功に至りませんでした。
これまで福井県では繁殖期にかかる冬季に、飛行抑制の目的でTペアの風切羽を切除して飼育していましたが、このことが交尾の体勢維持に影響すると考え、兵庫県立コウノトリの郷公園はかねてから、繁殖期間中の親鳥の風切り羽を切らないように福井県に助言してきました。今年から福井県はTペアの羽を切らず、屋根つきのケージで飼育したことが今回の結果につながったと考えています。

 

  1. 検卵日時 2018年4月27日(金) 8時50分から9時41分
  2. 場所 福井県越前市中野町コウノトリ第1ケージ横救護施設
  3. 作業者 兵庫県立コウノトリの郷公園主任飼育員 船越稔、福井県自然環境課職員・獣医師
  4. 検卵結果
No. 卵A 卵B 卵C 卵D
長径(mm) 75.12 75.83 76.77 75.26
短径(mm) 56.68 56.92 56.28 56.07
卵重(g) 125.21 127.99 127.58 124.35
判定 有精卵の可能性が高い 有精卵 有精卵の可能性が高い 有精卵
(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリ個体検索(IPPM-OWS運営)
(バナー)足環カタログ
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来・繁殖時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記(名誉園長ver)
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市立コウノトリ文化館
(バナー)キコニアレター
(バナー)兵庫県博物館協会