公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

お知らせ

33年前、国内で初めて飼育下で誕生したコウノトリ(J054メス)の死亡について

郷公園で飼育しているコウノトリの死亡をお知らせします。

 

  1. 死亡した個体
    飼育個体J054(Lペアのメス)
    1988年4月6日、東京都多摩動物公園で国内絶滅後初めて生まれた個体で33歳。
    郷公園にやって来てからは、当園初の繁殖個体のJ066オスとペアになり、10羽のヒナを大空へ飛び立たせました。
    コウノトリの野生復帰にとても貢献した個体です。
    飼育コウノトリの寿命は約30年ですので、大往生と言えるでしょう。安らかに眠ってください。
  2. 死亡日
    令和3年11月26日(金)
(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリ個体検索(IPPM-OWS運営)
(バナー)足環カタログ
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来・繁殖時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記(名誉園長ver)
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市立コウノトリ文化館
(バナー)キコニアレター
(バナー)兵庫県博物館協会